馬プラセンタと薄毛・抜け毛の関係

馬プラセンタは薄毛や抜け毛を改善する効果が期待できます。

一般的に髪の毛の本数は10万本程度と言われており、1日の間に50本~100本の髪の毛が生え変わります。

1日に抜ける髪の毛の本数が200本を超えるような場合は薄毛になる可能性が高く、何らかの対策が必要です。

薄毛や抜け毛の原因は様々ありますが、その中でも馬プラセンタと関係しているのは「女性ホルモンのバランスの乱れ」と「活性酸素」です。

女性ホルモンのバランスの乱れ

女性特有の薄毛の原因に女性ホルモンのバランスの乱れがあります。

実は女性の薄毛の原因として多いのが、女性ホルモンのバランスが乱れたり崩れることなんです。

女性ホルモンとしてエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

エストロゲンは美人ホルモンとも呼ばれ、女性らしい体やツヤのある髪を作る働きがあります。エストロゲンが増えるときれいな髪が保たれます。

通常は生理の周期に合わせてエストロゲンとプロゲステロンが増えたり減ったりしてバランスが保たれています。それが乱れエストロゲンが減ったままになると薄毛にな抜け毛が増えて薄毛が進行します。

薄毛の原因の1つに加齢がありますが、年齢を重ねる毎にエストロゲンが徐々に減っていくからです。特に更年期のころには、元の半分以下にまでなってしまいます。

馬プラセンタにはホルモンバランスを整える効果があります。

女性ホルモンのバランスが整えられることで、美人ホルモンであるエストロゲンも増え、きれいな髪が作られるようになります。

また皮脂の異常発生が予防できるため、毛穴に詰まって毛母細胞に悪影響を与える原因を抑えることができます。

活性酸素

活性酸素といえば美容の大敵です。活性酸素が増えるとエイジングが進むので、抜け毛が増えたり、シミやシワが増えてしまいます。

また活性酸素は頭皮の毛穴に詰まった皮脂を酸化させ毛母細胞に悪影響を与え、発毛が十分に促されなくなったり抜け毛が促進されやすくなります。

活性酸素を取り除くことで皮脂の酸化を防ぐことができ、頭皮の健康を保つことができます。

馬プラセンタには抜け毛と薄毛の原因の1つである活性酸素を取り除く効果があるため、予防や改善として有効です。

成長因子

更に馬プラセンタには成長因子が含まれており、育毛促進効果が期待できます。

成長因子は体内の細胞を活性化させる働きがありますが、これが髪に対しても有効で毛母細胞に作用して髪の毛の成長を促進させます。

このことから、最近では育毛剤の成分として馬プラセンタが使用されることもあります。

サプリより育毛剤が良いのでは?

薄毛や抜け毛の改善のために育毛剤を使う方は多いです。

しかし、薄毛や抜け毛の原因は様々あるので、育毛剤では対応が難しいものもあります。

育毛剤は頭皮に塗るものなので、女性ホルモンのバランスの乱れや活性酸素をケアしようと思ってもなかなか難しいですよね。

女性ホルモンのバランスが乱れるときは、頭皮だけでなく体全体で乱れているからです。

そんなときはサプリメントで摂取することで、体全体に栄養素が届きます。

また成長因子に関しても頭皮に塗るだけでなく、サプリとして摂取するのがおすすめです。

目的別に選ぶ、馬プラセンタのサプリメント

しわ・たるみ

しわ・たるみ、ほうれい線などでお悩みならこちら
詳しい情報はコチラ

シミ・くすみ

シミ・くすみなどでお悩みの方はこちら
詳しい情報はコチラ

疲労回復

疲労回復・だるさ解消で選ぶならこちら
詳しい情報はコチラ

更年期障害

更年期障害症状緩和で選ぶならこちら
詳しい情報はコチラ

生理痛・PMS

生理痛・PMS症状緩和で選ぶならこちら
詳しい情報はコチラ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎緩和で選ぶならこちら
詳しい情報はコチラ